3号機格納容器内部調査装置付着物(NFD) SEM

提供:debris_wiki
ナビゲーションに移動 検索に移動

【2018年度測定分】

出典[1]へのリンク先を表示。

  • SEM/EDS観察結果 2018年度測定分(図)
    • 図 4.2.1.2-1 3uPCV サンプルからのFE-SEM 観察用サンプル採取
    • 図 4.2.1.2-2 3uPCV サンプルのFE-SEM 観察用サンプル全体のFE-SEM 像
    • 図 4.2.1.2-3 3uPCV サンプルのFE-SEM/EDS 観察(詳細観察①)
    • 図 4.2.1.2-4 3uPCV サンプルのFE-SEM/EDS 観察(詳細観察②)
  • 各領域のSEM/EDS観察結果 2018年度測定分(図)
    • 図 4.2.3.4-1 3uPCV サンプル中のU 含有領域(領域01,領域02,03,04)
    • 図 4.2.3.4-2 3uPCV サンプル中のU 含有領域(領域05,領域06)
    • 図 4.2.3.4-3 3uPCV サンプル中のU 含有領域(領域07,08,09,領域10,11,12,13)
    • 図 4.2.3.4-4 3uPCV サンプル中のU 含有領域(領域14,15,領域16,17)
    • 図 4.2.3.4-5 3uPCV サンプル中のU 含有領域(領域18,19,20)
    • 図 4.2.3.4-6 3uPCV サンプル中のU 含有領域の点分析結果の2 成分表示
    • 図 4.2.3.4-7 3uPCV サンプル中のU 含有領域の点分析結果の3 成分表示


【2019年度測定分はこちら(アクセス限定)】


  1. 仲吉 彬,三次 岳志,佐々木 新治,前田 宏治.“平成29, 30年度福島第一原子力発電所の炉内付着物の分析; 平成28年度補正予算「廃炉・汚染水対策事業費補助金」(燃料デブリの性状把握・分析技術の開発)”,JAEA-Data/Code 2021-011. https://jopss.jaea.go.jp/search/servlet/search?5068839