炉心溶融物(コリウム)とコンクリートとの相互作用の影響

提供: debrisWiki
ナビゲーションに移動 検索に移動

概要

文献


炉心溶融物(コリウム)とコンクリートとの相互作用の影響について、歴史やコンクリートの基礎知見から、MCCI時に発生するガスについて報告されている。

燃料デブリ・堆積物の生成プロセスの検討に資する情報

  • 100℃:水蒸気の喪失、100~850℃:水酸化物の脱水、400~600℃:水酸化カルシウムの脱水、574℃:結晶転移、600~900℃:炭酸カルシウムの熱分解、1250~1500℃:ポルトランドセメントの融解、1423±50℃:石英の融解、1462℃:赤鉄鉱の磁鉄鉱(マグネタイト)への分解、1597℃:磁鉄鉱(マグネタイト)の融解

関連項目

劣化コンクリート
既往知見

参考文献 岡本良治, 中西正之, 三好永作, “炉心溶融物とコンクリートとの相互作 用による水素爆発,CO 爆発の可能性“, KAGAKU, 84[3], 355-362 (2014). http://jsa-fukuoka.sakura.ne.jp/shiryo/Kagaku_201403_Okamoto_etal.pdf#search='%E7%82%89%E5%BF%83%E6%BA%B6%E8%9E%8D%E7%89%A9%E3%81%A8%E3%82%B3%E3%83%B3%E3%82%AF%E3%83%AA%E3%83%BC%E3%83%88%E3%81%A8%E3%81%AE%E7%9B%B8%E4%BA%92%E4%BD%9C+%E7%94%A8%E3%81%AB%E3%82%88%E3%82%8B%E6%B0%B4%E7%B4%A0%E7%88%86%E7%99%BA'